基本情報技術者平成28年春期 午前問17

午前問17

入出力管理におけるバッファの機能として,適切なものはどれか。
  • 入出力装置が利用可能になったことを,入出力装置が処理装置に伝える。
  • 入出力装置と処理装置との間に特別な記憶域を設け,処理速度の違いを緩和する。
  • 入出力装置と処理装置との間のデータ交換に階層を設けることによって,入出力装置固有の仕様を意識せずに利用できる。
  • 入出力装置をファイルと同じように取り扱えるようにする。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

バッファ(Buffer)とは、「緩衝するもの」の意味で、周辺機器とCPUの間にデータのやり取りが発生したときに、そのデータを一時的に蓄積しておくためのメモリ領域のことです。入出力装置とCPUでは動作速度の差が大きく、CPUが処理の途中で入出力命令をだすと、入出力動作が終了するまでの間はCPUの待ち時間が増加し、スループットが低下してしまいます。
バッファを用いた場合は、バッファメモリと入出力装置の間でデータのやり取りが行われるため、CPUは低速な入出力装置の動作完了を待つことなく、次の処理に移ることができます。これによってスループットを大幅に向上させることが可能です。

プリンタ出力を行う時のスプーリングもバッファ機能の一種です。
  • 入出力割込みの説明です。
  • 正しい。バッファの説明です。
  • デバイスコントローラの説明です。
  • デバイスファイルの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop