HOME»試験の概要

基本情報技術者試験を受験するときに知っておきたい日程や試験の位置付け・申し込み方法をまとめてあります。

基本情報技術者試験の概要

1.基本情報技術者の位置付け

国家試験である情報処理技術者試験の試験区分の一つです。ITエンジニアとして基本的な知識・技能を有することを国が証明します。この試験で得た知識をもとにレベル3の応用情報技術者試験や、さらに各分野の専門知識が問われるレベル4の高度試験などを目指すことができます。

情報処理技術者試験試験区分一覧

2.受験資格や年齢制限はない

基本情報技術者に限らず、情報処理技術者試験を受験するのに特別な条件はありません。年齢、実務経験、学歴などを問わずどなたでも挑戦していただける試験です。

3.受験料

7,500円(税込)です。
クレジットカード・コンビニエンスストア払い・Pay-easy払いが選択可能ですが、振込手数料は各自の負担となります。

4.受験日の日程

2023年4月より試験が通年化されたため、年間を通していつでも受験することができます。ただし、受験した後はその後30日間は再受験できないというリテイクポリシーがあるので、受験可能なのは30日に1回までとなります。

5.試験方式

コンピュータの画面上に出題される問題に対して、マウス操作で正しい解答を選択していくCBT(Computer Based Testing)方式で行われます。

原則はコンピュータを使って試験を受けますが、身体の不自由等によりCBT方式で受験できない方のために、春期(4月)と秋期(10月)の年2回、筆記による方式の試験(特別措置試験)が実施されています。

6.試験形式

科目A試験と科目B試験に分かれており、両方の試験で60%以上の得点をとることで合格となります。科目A試験と科目B試験は同日受験です。

科目A試験
試験時間:90分、出題数:60問、四肢択一式
テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系から出題
科目B試験
試験時間:100分、出題数:20問、多肢選択式
データ構造及びアルゴリズムが8割、セキュリティが2割

7.合格発表

試験日のおよそ1カ月後です。合格発表当日の正午にIPAのサイト上で公開されると共に後に官報にも掲載されます。不合格の場合は通知はなく合格者にだけ証書が届けられます。証書発送は合格発表から約1週間後です。

8.試験会場

全国47都道府県の主要都市で開催されます。どこで受験できるかは試験開催状況から確認できます。

9.申し込み方法

2023年1月時点では公式からまだ確定的なアナウンスがありません。新制度の実証実験ではIPAのウェブサイトではなく、CBTS(https://cbt-s.com/examinee/)という外部業者のウェブサイトにユーザー登録をして申し込む形だったので、同じ形になるのではないでしょうか?

10.主催団体・問い合わせ先

独立行政法人『情報処理推進機構』
〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階

ホームページ:https://www.jitec.ipa.go.jp/
問い合わせ先:https://www.jitec.ipa.go.jp/_jitecinquiry.html

基本情報技術者試験は、

  • 誰でも受験できる
  • 年間を通して受験できる
  • 受験料は7,500円
  • 申込みはインターネットのみ
© 2010-2023 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop