HOME»【カ】からはじまるキーワード(18語)

【カ】からはじまるキーワード(18語)

カタログ性能 
システム性能評価手法の一つで、システムの各構成要素に関するカタログ性能データを収集し、それらのデータからシステム全体の性能を算出する方法。
AP テクノロジ系
カテゴリマネジメント Category Management
商品を単品ごとだけでなく、顧客価値という観点を重視してカテゴリ(部門)ごとに分け、カテゴリ単位で商品全体のライフサイクル管理を実施していく手法。
カテゴリマネジメントの最大の効果は、顧客への価値を高めることで、売り上げや利益の向上を期待できる点である。
IPFEAP ストラテジ系
カプセル化(情報隠ぺい) encapsulation
データ(属性)とそのデータに対する手続きをひとつにまとめること。カプセルのようにオブジェクトの内部を隠ぺい(ブラックボックス化)することで、使う人は内部の情報を知らなくともオブジェクトを扱うことができる。
FEAP テクノロジ系
ガントチャート Gantt chart
縦軸に作業項目・横軸に時間をとり、作業に必要な期間を2本の横棒の長さで表記する図法。作業項目同士の日程的な重なりがわかりやすいため日程計画の策定に使用されたり、計画と実績を並べて表記することで進捗度やプロジェクトのスケジュールを管理する方法としても用いられる。
IPFEAP マネジメント系
ガンブラー 
「ウェブサイト改ざん」と「ウェブ感染型ウイルス(ウェブサイトを閲覧するだけで感染させられてしまうウイルス)」を組み合わせることで多数のパソコンをウィルスに感染させようとする一連の手口のこと。
IPFEAP テクノロジ系
仮想記憶 Virtual Memory
プログラムが必要とするメモリサイズが主記憶のサイズを上回った場合、補助記憶装置(HDDなど)を仮想アドレス空間として使用することで、主記憶のサイズよりも大きなプログラムを実行可能にする方式。
IPFEAP テクノロジ系
可用性 Availability
情報セキュリティマネジメントの概念の一要素で、障害が発生しても安定したサービスを提供でき、ユーザが必要な時にシステムを利用可能である特性を示す。
IPFEAP テクノロジ系
回帰分析 かいきぶんせき
観測されたデータから相関関係を推定するための統計学的手法。
FEAP ストラテジ系
外部キー foreign key
他の表を参照するために設定される列。外部キーは参照する表の主キー列と同じ項目になる。
IPFEAP テクノロジ系
株主資本等変動計算書 
貸借対照表のうち株主資本を示す純資産の部がどのように変動したのかを表す財務諸表。
IPFEAP ストラテジ系
完全性 Integrity
情報セキュリティマネジメントの概念の一要素で、情報が完全で、改ざん・破壊されていない特性を示す。
IPFEAP テクノロジ系
感熱式プリンタ 
プリンタヘッドを文字など印字したい形に熱し、熱の力でインクを溶かすなどの方法で印字するプリンタ。印字する際の騒音が少ないため小売店のレシート印刷にも使用される。
IPFEAP テクノロジ系
環境アセスメント かんきょうアセスメント
環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのこと
IP ストラテジ系
環境会計 Environmental Accounting
環境省のガイドラインでは、「事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達する仕組み」と定義している。
環境保全活動を実施することによる環境負荷の削減量との対比をさせる事で、環境保全効果対比(環境保全コストと環境保全効果)、経済効果対比(環境保全コストと経済効果)を明らかにすることができる。
AP ストラテジ系
監査証拠 
監査人が判断根拠とする資料であり,監査報告書とともに公表するよう義務付けられたもの。
IPFEAP マネジメント系
監査調書 
監査手続の実施内容や発見した問題点、収集した情報およびそれらの分析結果、監査人の結論などを文書化したもの。監査調書は、監査報告書に記載される監査結果、監査意見、改善勧告などの根拠となる。
IPFEAP マネジメント系
管理図 かんりず
工程の状態や品質を時系列に表した図であり,工程が安定した状態にあるかどうかを判断するために用いる。
例えば日ごとに不良品の個数を記録していき、統計的に求めた上方管理限界と下方管理限界を超えた位置に値が記録された場合には、その日に何らかの異常が発生していることがわかる。
IPFEAP ストラテジ系
関係データベース Relational DataBase,RDB
データ構造を平坦な2次元の表によって定義するモデルで、現在最も広く利用されているデータベースモデル。
関係データベースでは、表をテーブル,行をレコードまたはタプル,列をカラムまたはフィールドと呼び、複数の表の関連は、主キー同士または主キーと外部キーによって行われる。
IPFEAP テクノロジ系
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop