基本情報技術者 平成28年春期 午前問16

午前問16

組込みリアルタイムOSで用いられる,優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングの利用方法として,適切なものはどれか。
  • 各タスクの実行時間を均等配分する場合に利用される。
  • 起動が早いタスクから順番に処理を行う場合に利用される。
  • 重要度及び緊急度に応じて処理を行う場合に利用される。
  • 処理時間が短いタスクから順番に処理を行う場合に利用される。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

リアルタイムOS(RTOS)は、リアルタイム制御が必要とされるシステム用に特化したOSです。リアルタイム制御とは、ジョブの実行が命令された時、限られた資源を使用して、その処理を決められた時刻(デッドライン)までに終了させること目的とする制御方式をいいます。

リアルタイム処理では目標時間内に処理を完了させることが最重要です。そのため重要度が高い、あるいはデッドラインが近いタスクに、より高い優先度を与えることで、実行するタスクの順序を強制的に入れ替えることのできる優先度制御方式が適しています。
したがって「ウ」が正解です。
  • ラウンドロビンの利用方法です。
  • 到着順方式の利用方法です。
  • 正しい。
  • 残余処理時間順方式の利用方法です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop