基本情報技術者平成28年春期 午前問15

午前問15

システムの稼働率に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • MTBFが異なってもMTTRが等しければ,システムの稼働率は等しい。
  • MTBFとMTTRの和が等しければ,システムの稼働率は等しい。
  • MTBFを変えずにMTTRを短くできれば,システムの稼働率は向上する。
  • MTTRが変わらずMTBFが長くなれば,システムの稼働率は低下する。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

稼働率MTBF(平均故障間隔)、MTTR(平均修復時間)の関係は次の式で表されます。
15.gif/image-size:215×44
  • MTTRが等しい場合、MTBFが長くなると稼働率は向上し、逆であれば稼働率は低下します。
  • 2つの指標の和が等しくても、MTBFが長く、MTTRが短くなるほど稼働率は高くなり、逆であれば稼働率は低下します。
  • 正しい。上記の式で言えば分子が変わらず、分母は小さくなるため稼働率は向上します。
  • MTTRが等しい場合、MTBFが長くなるほど稼働率は向上します。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop