基本情報技術者平成25年秋期 午前問54

午前問54

全部で100画面から構成されるシステムの画面作成作業において,規模が小かつ複雑度が単純な画面が30,中規模かつ普通の画面が40,大規模かつ普通の画面が20,大規模かつ複雑な画面が10である場合の工数を,表の標準作業日数を用いて標準タスク法で見積もると何人日になるか。ここで,全部の画面のレビューに5人日を要し,作業の管理にレビューを含めた作業工数の20%を要するものとする。
54.gif/image-size:269×165
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H18春期 問37
  • 基本情報技術者 H29秋期 問52

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのコスト

正解

解説

設問の表から作成工数をケースごとの作成工数を読み取り、総工数を算出します。

[規模が小かつ複雑度が単純な画面]
 画面当たりの作成工数→0.4
 30×0.4=12(人日)

[中規模かつ普通の画面]
 画面当たりの作成工数→0.9
 40×0.9=36(人日)

[大規模かつ普通の画面]
 画面当たりの作成工数→1.0
 20×1.0=20(人日)

[大規模かつ複雑な画面]
 画面当たりの作成工数→1.2
 10×1.2=12(人日)

このすべてを足し合わせると、画面の作成に要する工数がわかります。

 12+36+20+12=80(人日)

さらに全画面のレビューに5人日かかるので、画面作成の工数に5人日を足します。

 80+5=85(人日)

また作業の管理にはレビューを含めた作業工数の20%を要するので、作業の管理に要する工数は、

 85×0.2=17(人日)

この2つを足した数が求めるべき総工数です。

 85+17=102(人日)

したがって「エ」が正解です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop