基本情報技術者平成25年秋期 午前問53

午前問53

図は作業A〜Eで構成されるプロジェクトのアローダイアグラムである。全ての作業を1人で実施する予定だったが,2日目から6日目までの5日間は,別の1人が手伝うことになった。手伝いがない場合と比較し,開始から終了までの日数は最大で何日短くなるか。ここで,一つの作業を2人で同時には行えないが,他者から引き継ぐことはできる。また,引継ぎによる作業日数の増加はないものとする。
53.gif/image-size:505×156

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトの時間

正解

解説

全ての作業を1人で行う場合はA〜Eまでの作業すべてを1人で実施するため、完了までには、

 3+1+1+3+4=12

12日の期間が必要になります。

開始から2〜6日目を手伝いの1人を含めた2人で行う場合、「作業Aの完了待ち」および「作業Cの完了待ち」があり手伝いの人員に待ち日数が生じますが、次の表の流れで行うことで9日で完了できることになります。
53a.gif/image-size:376×236
したがって短縮できる期間は「3日」になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop