基本情報技術者過去問題 平成21年春期 午後問12

問題文解答用紙を別タブで開けます(印刷可能)。

問12 ソフトウェア開発(アセンブラ)

次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。

〔プログラムの説明〕
 32ビットの乗算を行う副プログラム MULS である。
  • MULS は,32ビットの被乗数と16ビットの乗数を受け取り,32ビットの積を返す。数値はすべて符号なし整数とし,積のオーバフローは考慮しない。
     被乗数と積は,それぞれ連続する2語に上位16ビット,下位16ビットの順に格納される。それぞれの上位語のアドレスは,GR1 と GR3 に設定して渡される。
     乗数は GR2 に直接設定して渡される。
  • 副プログラム MULS から戻るとき,汎用レジスタ GR1〜GR7 の内容は元に戻す。

設問1

プログラム中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a に関する解答群
  • JMI  ADD32
  • JMI  LP
  • JOV  ADD32
  • JOV  LP
  • JPL  ADD32
  • JPL  LP
b に関する解答群
  • JMI  ADJ1
  • JMI  ADJ2
  • JOV  ADJ1
  • JOV  ADJ2
  • JPL  ADJ1
  • JPL  ADJ2
c に関する解答群
  • JNZ  LP
  • JPL  LP
  • JZE  LP
  • SLL  GR5,1
  • SRA  GR5,1
  • SRL  GR5,1

解答選択欄

  • a:
  • b:
  • c:

解答

  • a=
  • b=
  • c=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

MULS を利用して,32ビット同士の乗算を行う副プログラム MUL を作成した。プログラム2中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
  • MULは,被乗数と乗数を受け取り,積を返す。数値はすべて32ビットの符号なし整数とし,積のオーバフローは考慮しない。
     被乗数,乗数,積は,それぞれ連続する2語に上位16ビット,下位16ビットの順に格納される。それぞれの上位語のアドレスは,GR1,GR2,GR3に設定して渡される。
  • 副プログラム MUL から戻るとき,汎用レジスタ GR1〜GR7 の内容は元に戻す。
pm12_2.gif/image-size:439×330
d に関する解答群
  • LD  GR1,0,GR1
  • LD  GR1,0,GR2
  • LD  GR1,1,GR1
  • LD  GR2,0,GR1
  • LD  GR2,0,GR2
  • LD  GR2,1,GR1
e に関する解答群
  • LD  GR6,0,GR1
  • LD  GR6,0,GR2
  • LD  GR6,0,GR3
  • LD  GR6,1,GR1
  • LD  GR6,1,GR2
  • LD  GR6,1,GR3

解答選択欄

  • d:
  • e:

解答

  • d=
  • e=

解説

この設問の解説はまだありません。

平成21年春期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 採点講評
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop