基本情報技術者過去問題 平成21年春期 午後問7

問題文解答用紙を別タブで開けます(印刷可能)。

問7 経営・関連法規

需要予測に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 精密機器を製造,販売しているC社では,製品在庫の削減と,欠品に伴う販売機会損失の低減を目的として,製品の需要予測システムを構築することになった。
 担当となったD君は,C社製品の需要の特性及び需要予測システムへの要望を,社内の関係部署からヒアリングすることにした。

〔ヒアリングの結果〕
 D君が実施したヒアリングの結果は,次のとおりである。
  • 製造工程の事情によって,製品の生産台数は月単位で計画し,需要の増減に対応しているので,需要数量の予測も月単位で提供されることが望まれる。
  • 月単位でみた需要の増減のパターンが,毎年繰り返される製品がある。
  • 製品の世代交代などの影響で,需要が徐々に増えていく製品と,徐々に減っていく製品とがある。
  • 上記の(2),(3)以外の製品は,小幅な需要の増減が不規則に発生している。
  • 製品のモデルチェンジのサイクルは5年から10年の間であり,新製品を除いて時系列分析に必要な期間の需要実績データは保管されている。

設問1

需要予測システムに関する次の記述中の に入れる最も適切な答えを,解答群の中から選べ。

 D君は実施したヒアリングの結果から,C社製品の需要予測には,過去の需要推移から将来を予測する手法である時系列分析が適用できると考えた。需要予測のために必要と考えたシステム機能は,次のとおりである。
  1. 製品ごとの需要実績データに含まれる,需要のa傾向変動を把握して,予測値に反映させる機能
  2. 製品ごとの需要実績データに含まれる,需要のb季節変動を把握して,予測値に反映させる機能
  3. 製品ごとの需要実績データに含まれる,cである不規則変動の影響を取り除き,予測値を平準化させる機能
a,b に関する解答群
  • 増加と減少のパターンが1年ごとに繰り返される
  • 増加と減少のパターンが5か月ごとに繰り返される
  • 増加と減少のパターンが不定期に繰り返される
  • 増加又は減少が間欠的に発生する
  • 長期的な増加又は減少が継続する
c に関する解答群
  • 傾向変動や季節変動では説明できない部分
  • 人為的な影響による需要の増減部分
  • 定常的に発生する需要の部分
  • 天候や気象の影響による需要の増減部分

解答選択欄

  • a:
  • b:
  • c:

解答

  • a=
  • b=
  • c=

解説

ヒアリングの結果から製品には、①月(季節)ごとの増減パターンがある製品、②長期的な増減傾向がある製品、③不規則で小幅な増減がある製品の3つのタイプがあることがわかります。
①は毎年決まった需要パターンをとるため、選択肢「ア」の「増加と減少のパターンが1年ごとに繰り返される」に対応します。また②の増減は数年間継続して現れる傾向であるため、「オ」の「長期的な増加又は減少が継続する」に対応します。

aについて〕
「需要のa傾向変動を把握して…」という記述から②のタイプだと判断できます。過去の製品の長期的な増減傾向を把握することで将来の需要予測を役立てることができます。

a=オ:長期的な増加又は減少が継続する

bについて〕
(「需要のa季節変動を把握して…」という記述から①のタイプだと判断できます。②のタイプは1年ごとに月ごとの増減がパターン化しているため、そのパターンを予測値に反映させることになります。

b=ア:増加と減少のパターンが1年ごとに繰り返される

cについて〕
(4)の記述で、不規則変動は(2),(3)以外の製品で不規則に発生する小幅な増減と説明されています。つまり傾向変動、季節変動のどちらでもない小幅な増減部分は全て平準化の対象ということになります。

c=ア:傾向変動や季節変動では説明できない部分

設問2

D君は,システム機能が要望を満たしているか確認するため,図に示すC社製品の過去3年間の需要実績を基に,製品ごとに適用する予測手法の検討を行った。製品X,製品Y,製品Zの需要実績に適用すべき予測手法として適切な組合せを,解答群の中から選べ。
pm07_1.gif/image-size:437×234
解答群
pm07_2.gif/image-size:498×152

解答選択欄

  •  

解答

  •  

解説

[製品X]
季節ごとの変動は多くありませんが、年を追うごとに需要が右肩上がりになっています。このことから製品Zは需要が徐々に増加していく製品に該当することが分かります。したがって傾向変動を予測値に反映させ、不規則変動を平準化することで予測を行います。

[製品Y]
グラフの折れ線の形状から需要の増減に毎年決まったパターンがあることが分かります。また長期的な増減傾向ですが年ごとの最大値、最小値などの比較から傾向なしと判断できます。したがって適用するのは季節変動と不規則変動になります。

[製品Z]
季節ごとの増減も長期的視点で見た増減傾向もないため、小さな増減をならすだけで需要予測が可能になります。したがって不規則変動のみが適切です。

したがって正しい組合せは「ウ」です。

設問3

D君は,製品Zの需要変動に対し,移動平均法と指数平滑法の二つの予測手法の適合度を,実際のデータを使って調べることにした。その結果に関する次の記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
pm07_3.gif/image-size:327×100
〔予測手法の製品Zへの適用の流れと結果〕
  1. D君は,2008年11月までの実績データを用いて2008年12月の予測値を求め,実際の2008年12月の実績値との適合性をチェックしてみた。
  2. 次の式で計算される移動平均法を,過去3か月の製品Zの需要実績について適用してみた。その結果,移動平均法(過去3か月の需要実績を使用する場合)による2008年12月の予測値は,dになった。
     ・2008年12月の予測値(移動平均法)
     =(2008年9月から11月までの各月の需要実績の総和)÷3
  3. 次の式で計算できる指数平滑法を用いて,指数aを0.6として,製品Zの2008年12月の予測値を求めると,eとなった。
     ・2008年12月の予測値(指数平滑法)
     =a×(2008年11月の需要実績)+(1−a)×(2008年11月の予測値)
 なお,指数平滑法で求めた2008年11月の予測値は100であった。
d,e に関する解答群
  • 98
  • 101
  • 104
  • 106
  • 109
  • 110

解答選択欄

  • d:
  • e:

解答

  • d=
  • e=

解説

dについて〕
Aの文章中に移動平均法の計算式が示されています。需要実績は9月=92、10月=105、11月=115なので移動平均法による12月の予測値は以下のように算出されます。

 (92+105+115)÷3=104

d=ウ:104

eについて〕
Bの文章中に指数平滑法の計算式が示されています。a=0.6で11月の需要実績は115、11月の予測値は100なので指数平滑法による12月の予測値は以下のように算出されます。

 0.6×115+(1−0.6)×100
=69+40
=109

e=ウ:109

平成21年春期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 採点講評
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop