基本情報技術者 平成19年秋期 午前問57

午前問57

CSMA/CD方式のLANで用いられるブロードキャストによるデータ伝送の説明として,適切なものはどれか。
  • すべてのノードに対して,送信元から順番にデータを伝送する。
  • 選択された複数のノードに対して,一度の送信でデータを伝送する。
  • 選択された複数のノードに対して,送信元から順番にデータを伝送する。
  • 同一セグメント内のすべてのノードに対して,一度の送信でデータを伝送する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H25秋期 問34
  • 応用情報技術者 H30秋期 問33
  • ソフトウェア開発技術者 H17秋期 問59

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

ブロードキャストとは、あるネットワークに属するすべてのノードに対してデータを同時通報することです。

ブロードキャストを行うには、IPアドレスのホスト部のビットをすべて「1」にしたアドレスを宛先に設定します。このホスト部が全て1のフレームを「ブロードキャストフレーム」といいます。1つのノードから送信されたブロードキャストフレームは、ブリッジで複製されセグメント内の全てのノードに向けて送信されます。

送信対象は「同一セグメント内の全てのノード」、送信タイミングは「一度に全部」なので「ア」の記述が適切です。

なお、選択された複数のノードに対して1度の送信でパケットを送信することをマルチキャスト、単一の相手に対して送信することをユニキャストといいます。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop