基本情報技術者平成13年秋期 午前問40

午前問40

ブラウザによって閲覧できるハイパテキスト形式の文書を記述するための言語はどれか。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

HTML(HyperText Markup Language)は、Webページを記述するために、タグを使って文書構造を表現するマークアップ言語です。
ウェブの基幹的役割を持つ技術の1つでHTMLでマークアップされたドキュメントは、他のドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持っています。
  • 正しい。WebサーバとWebブラウザ間でデータをやり取りするのに使われるプロトコルです。
  • HyperText Transfer Protocolの略。
  • Javaは、コンピュータの機種やOSに依存しないソフトウェアが開発できる、オブジェクト指向型の言語ですが、Webページの記述には用いられません。
  • Uniform Resource Locatorの略。WebサイトやWeb上のリソース(画像やファイル)のアドレス(住所)のことです。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop