基本情報技術者平成31年春期 午前問77

午前問77

図は特性要因図の一部を表したものである。a,bの関係はどれか。
77.gif/image-size:188×102
  • bはaの原因である。
  • bはaの手段である。
  • bはaの属性である。
  • bはaの目的である。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H21春期 問71
  • 基本情報技術者 H25秋期 問76

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

特性要因図(とくせいよういんず)は、特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わした図です。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点を明確にしたりする効果があります。魚の骨のような図に見えることから、フィッシュボーンダイアグラムとも呼ばれています。

特性要因図は、矢印の一番先端となる場所に結果をおき、それに対する重要な要因、さらに重要な要因が生じた原因というように階層的に配置していくことで、要因間の関連性を視覚的に表すことが可能です。
77a.gif/image-size:244×151
特性要因図の特徴を踏まえると、矢印の先端にあるaが結果、bが原因ということになるため、適切な記述は「ア」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop