基本情報技術者過去問題 平成27年春期 午後問10

問10 

次のCOBOLプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。

(プログラムの説明〕
 C社では,全従業員の出社時刻と退社時刻を入口のゲートで自動的に記録し,出退勤記録ファイルに格納している。このプログラムは,1か月分の出退勤記録ファイルを読み込み,出社した従業員の勤務管理ファイルに書き込むものである。
  • 出退勤記録ファイルは,図1に示すレコード様式の順ファイルで,ある月の1か月分の出退勤記録が格納されている。
    1. レコードは日付,時刻,出退勤フラグの昇順に格納されている。
    2. 日付には,年,月,日が,それぞれ4桁,2桁,2桁の西暦で格納されている。
    3. 時刻には,出社又は退社の時刻の時,分が,それぞれ2桁の24時間表記で格納されている。
    4. 出退勤フラグには,出社時は0が,退社時は1が格納されている。
    5. 従業員番号には,従業員ごとに一意な6桁の番号が格納されている。
    6. 同一従業員の出社時の記録と退社時の記録は,必ず対になっている。同じ日付のレコードは1組だけである。
    7. 出社時刻は6時から22時までである。退社時刻は同じ日付の24時までである。
  • 勤務管理ファイルは,図2に示すレコード様式の従業員番号をキーとする索引ファイルである。
    1. 勤務履歴1〜31には,当該月の1〜31日の出社時刻及び退社時刻が格納される。出社しなかった日と暦にない日の出社時刻及び退社時刻には,9999 が格納される。
    2. 出社時刻及び退社時刻には,時,分が,それぞれ2桁の24時間表記で格納される。
    3. 勤務時間には,1か月の勤務時間の合計が,3桁の時間と2桁の分で格納される。毎日の出社時刻から退社時刻までの時間が1日の勤務時間である。途中の休み時間も勤務時間に含める。

設問1

プログラム中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a,b に関する解答群
  • PIC 9(2)
  • PIC 9(3)
  • PIC 9(4)
  • PIC 9(5)
  • PIC 9(6)
c に関する解答群
  • INITIALIZE ATD-HST
  • INITIALIZE ATD-HST REPLACING NUMERIC BY 9999
  • MOVE 9999 TO ATD-HST
  • MOVE ALL ZERO TO ATD-HST
d に関する解答群
  • ATD-OUT(IDX)
  • HA
  • W-MINUTE
  • W-TIME-ACCUM

解答選択欄

  • a:
  • b:
  • c:
  • d:

解答

  • a=
  • b=
  • c=
  • d=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

C社では22時以降の勤務を深夜手当の対象としている。勤務管理ファイルのレコードに深夜勤務時間の領域を追加し,1か月の深夜勤務時間の合計も集計するようにプログラムを変更する。表1中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。ここで,表1中のdには設問1の正しい答えが入っているものとする。
pm10_4.gif/image-size:523×266
e,f に関する解答群
  • ATD-IN(IDX)
  • ATD-NIGHTSUM
  • ATD-OUT(IDX)
  • ATD-SUM
  • NIGHT−TIME

解答選択欄

  • e:
  • f:

解答

  • e=
  • f=

解説

この設問の解説はまだありません。
【27年春期 午後問題】
 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop