基本情報技術者平成23年特別 午前問50

午前問50

ソフトウェア開発において,構成管理に起因しない問題はどれか。
  • 開発者が定められた改版手続に従わずにプログラムを修正したので,今まで動作していたプログラムが不正な動作をする。
  • システムテストにおいて,単体テストレベルのバグが多発して,開発が予定どおり進捗しない。
  • 仕様書,設計書及びプログラムの版数が対応付けられていないので,プログラム修正時にソースプログラムを解析しないと,修正すべきプログラムが特定できない。
  • 一つのプログラムから多数の派生プログラムが作られているが,派生元のプログラム修正がすべての派生プログラムに反映されない。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21秋期 問50
  • 基本情報技術者 H25春期 問50
  • 基本情報技術者 H28春期 問50

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 構成管理・変更管理

正解

解説

ソフトウェア開発における構成管理とは、システムを構成するハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、設計書、マニュアルなどの構成要素を管理台帳などに記録して一元管理することをいいます。
システムの構成要素は、開発の進行や環境の変化などにより随時変更されます。構成管理にはこれらの構成要素の変更内容/変更履歴を記録し、それぞれのプロセスに情報を提供することで安定的なシステム開発・運用をサポートする役割があります。
  • 構成管理が定める変更方法を守らなかったことに起因する問題です。
  • 正しい。プログラミング工程や設計工程に起因する問題です。
  • 設計書・マニュアル類が計画的に管理されていないために発生する問題です。
  • プログラム同士の親子関係の記録が疎かになっているために発生する問題です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop