基本情報技術者過去問題 平成23年秋期 午後問5

問題文解答用紙を別タブで開けます(印刷可能)。

問5 ソフトウェア設計

書籍の卸売業者の受注システムに関する次の記述を読んで,設問1,2に答えよ。

 書籍の卸売業者の受注システム開発のために,オブジェクトを抽出し,その関係を示すオブジェクト図を作成し,それを基にクラス図を作成することにした。

〔受注業務の説明〕
  • 得意先から注文を受けると,受注伝票に受注日,得意先と注文された商品の商品名などを記入する。受注伝票の例を図1に示す。
  • 商品には,単独商品とセット商品がある。セット商品は,2種類以上の単独商品を組み合わせたものであり,セット商品としての商品名をもつ。セット商品の価格は,そのセットを構成する単独商品の価格の合計から1% 割り引かれる。一度の注文では,10種類を超える商品は注文できない。
 受注業務のシステム化に当たり,システム化対象となる主なオブジェクトとその主な属性を抽出し,複数のオブジェクト図を作成した。その一つを図2に示す。
 図2は,P書店から"UML入門"を2冊,"XML(上)"を1冊,"XML(上)"と"XML(下)"のセット商品"XMLセット"を1セット受注したときのオブジェクト図である。
 次に,クラス抽出と多重度を検討して,図3に示す分析のためのクラス図を作成した。多重度とは,一方のクラスの一つのオブジェクトに対して接続されている,他方のクラスのオブジェクトの個数を示すものである。

設問1

図3の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a,b,c に関する解答群
  • 商品
  • 商品番号
  • 受注者
  • 受注伝票
  • セット商品
  • 単独商品
d に関する解答群
  • 0
  • 0..*
  • 1
  • 1..10
  • 1..*
  • 2
  • 2..*

解答選択欄

  • a:
  • b:
  • c:
  • d:

解答

  • a=
  • b=
  • c=
  • d=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

図3に基づいて,各クラスに必要な属性と操作を検討した。受注には年月日,合計などを保持し,受注明細にはNo,数量などを保持することにした。また,受注の合計は,受注明細ごとの金額を求めてから算出することにした。
 全てのクラスの属性と操作を検討した結果から,図4に示す設計のためのクラス図を作成した。図4中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
pm05_4.gif/image-size:461×356
e に関する解答群
  • 商品番号:文字列
  • 商品名:文字列
  • セット商品名:文字列
  • 番号:数値
  • 名称:文字列
f に関する解答群
  • /小計:数値
  • 商品名:文字列
  • 年月日:文字列
  • 名称:文字列
g に関する解答群
  • 受注日取得():文字列
  • 小計取得():数値
  • 数量取得():数値
  • 単価取得():数値
  • 名称取得():文字列

解答選択欄

  • e:
  • f:
  • g:

解答

  • e=
  • f=
  • g=

解説

この設問の解説はまだありません。

平成23年秋期 午後問題一覧

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 採点講評
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop