基本情報技術者過去問題 平成22年春期 午後問12

問12 

次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。

〔プログラムの説明〕
 浮動小数点数の加算を行う副プログラム FADD である。
  • 浮動小数点数は,メモリ中の連続する2語に次の形式で格納する。
     この形式で表される浮動小数点数は(−1)S×0.M×2E-127である。S=E=M=0でゼロを表現する(M=0のときは,必ずS=E=0であること)。
  • FADD は,被加数と加数について,いずれか指数の大きい方にもう一方の指数を そろえてから仮数を加算し,結果がゼロの場合を除き正規化(仮数部の最上位ビットが1となるように指数部を調整)する。指数部調整の過程で,アンダフロー(指数部が0未満になるので正規化が不可能),オーバフロー(指数部が255を超えるので正規化が不可能)は発生しないものとする。
  • FADD は,被加数X,加数Y及び結果Zの格納領域の先頭番地を,それぞれ GR1,GR2,GR3 に設定して呼び出される。
  • FADD から戻るとき,汎用レジスタ GR1〜GR7 の内容は元に戻す。

設問1

プログラム中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a に関する解答群
  • ADDL GR4,GR5
  • ADDL GR5,GR4
  • LD  GR4,GR5
  • LD  GR5,GR4
  • SRL  GR4,0,GR5
  • SRL  GR5,0,GR4
b に関する解答群
  • JMI ADDMXY
  • JMI XMINUS
  • JMI YMINUS
  • JPL ADDMXY
  • JPL XMINUS
  • JPL YMINUS
c に関する解答群
  • JOV  ADDMXY
  • JOV  SCHECK
  • JPL  ADDMXY
  • JPL  SCHECK
  • JUMP ADDMXY
  • JUMP SCHECK
d に関する解答群
  • SLL GR5,0,GR4
  • SLL GR5,1
  • SRA GR5,0,GR4
  • SRA GR5,1
  • SRL GR5,0,GR4
  • SRL GR5,1
e に関する解答群
  • ADDL GR4,=1
  • ADDL GR5,=1
  • SLL  GR4,1
  • SLL  GR5,1
  • SUBL GR4,=1
  • SUBL GR5,=1

解答選択欄

  • a:
  • b:
  • c:
  • d:
  • e:

解答

  • a=
  • b=
  • c=
  • d=
  • e=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

プログラムを減算用に変更する場合,行番号27及び32の直後に追加する命令として正しい答えを,解答群の中から選べ。
 なお,プログラム中のコメントは適宜読み替えるものとする。
解答群
  • AND GR2,=#7FFF
  • AND GR2,=#8000
  • OR  GR2,=#7FFF
  • OR  GR2,=#8000
  • XOR GR2,=#7FFF
  • XOR GR2,=#8000

解答選択欄

  •  

解答

  •  

解説

この設問の解説はまだありません。
【22年春期 午後問題】
 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop