基本情報技術者平成20年春期 午前問22

午前問22

磁気ディスクのバックアップを取るために使用されるストリーマ(テープドライブ)に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 磁気ディスクの更新の差分をバックアップする場合は,記録データの部分書換え機能が利用できる。
  • 磁気ディスクの読出し速度に合わせて,書込み時の記録密度を変更できる。
  • データの書込み速度を向上させるために,複数の書込みヘッドを使用している。
  • データの読み書きを連続して行い,ブロックごとにスタート,ストップさせることはしない。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17春期 問4

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力装置

正解

解説

ストリーマとは、記憶媒体に磁気テープを使用する外部記憶装置のことです。磁気テープは記憶容量当たりの単価が安価であるというメリットがありますが、特定の部分を指定して読み書きを行うランダムアクセスができず、テープを止めずに連続して読み書きを行う順次アクセスしかできないため主にバックアップ用の媒体として用いられています。
  • ランダムアクセスができないため部分書き換えは行えません。
  • 磁気テープの送り速度は一定のため記憶密度も一定になります。
  • ストリーマは単一の書込みヘッドで機能します。
  • 正しい。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop