基本情報技術者平成19年春期 午前問63

午前問63

事務室が複数の建物に分散している会社で,PCの設置場所を管理するデータベースを作ることになった。“資産”,“部屋”,“建物”の三つの表を作成し,各表の関連付けを行った。新規にデータを入力する場合は,参照される表のデータが先に存在している必要がある。各表へのデータの入力順序として,適切なものはどれか。ここで,各表の下線部の項目は,主キー又は外部キーである。
63.gif/image-size:248×134
  • 資産→建物→部屋
  • 建物→部屋→資産
  • 部屋→資産→建物
  • 部屋→建物→資産
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H16秋期 問33
  • 基本情報技術者 H16秋期 問70

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

設問の「新規にデータを入力する場合は,参照される表のデータが先に存在している必要がある」という条件と各表の主キーから次のことがわかります。
  1. 資産表には建物番号と部屋番号があるので、入力されるデータの参照先が建物表と部屋表に存在してる必要がある。
  2. 部屋表には建物番号があるので、入力されるデータの参照先が建物表に存在している必要がある。
この2つの条件を満たすためには「建物→部屋→資産」の入力順序が求められます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop