基本情報技術者平成17年秋期 午前問40

午前問40

プロセス中心設計と比較したとき,データ中心設計の特徴として,適切なものはどれか。
  • 業務のモデリングに先だって,データモデリングを行う。
  • 業務プロセスに合わせたデータ構造が作成できる。
  • データを共有資源と見なし,一元的に管理できる。
  • 特定の業務に関する短期間のシステム化に有効である。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

データ中心設計は、データこそが業務の内容が変化しても変わらない最も安定した共有資源であることに着目し、データを中心として業務を分析したりシステムを設計する手法です。

データ中心設計では、まず最初に業務で扱うデータとその関係をE-R図などを用いてモデリングし、それを元にしたデータベースを設計します。それぞれの業務システムはこのデータベースをもとに設計されるため、複数のシステム間でデータの一貫性や整合性が保たれ、一元的に管理することも容易になります。
  • データ中心設計では業務のモデリングは行われません。
  • プロセス中心設計の特徴です。
  • 正しい。データ中心設計の特徴です。
  • プロセス中心設計の特徴です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop