基本情報技術者平成17年秋期 午前問41

午前問41

ソフトウェアのモジュール設計において,信頼性,保守性を向上させるためのアプローチとして,望ましいものはどれか。
  • モジュール強度を強く,結合度を強くする。
  • モジュール強度を強く,結合度を弱くする。
  • モジュール強度を弱く,結合度を強くする。
  • モジュール強度を弱く,結合度を弱くする。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15秋期 問48

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア方式設計・詳細設計

正解

解説

モジュールの信頼性や保守性を向上させるためにはモジュールの独立性を高める必要があります。独立性を評価するための指標としてモジュール内部の結びつきを考える「モジュール強度」とモジュール間の結びつきを考える「モジュール結合度」があります。
モジュール強度
モジュールを構成する機能同士の結びつきの強さ(モジュール内部の関連性の強さ)を表す。モジュール強度が強いほど独立性が高く良いとされる。
モジュール結合度
モジュール同士がどのように影響しあうかという関連性の強さを表す。モジュール結合度が弱いほど関連するモジュールに変更があった場合の影響を受けにくくなるので、モジュールの独立性が高まる。
したがってモジュールの信頼性・保守性を高めるためには「モジュール強度を強く,結合度を弱くする」というアプローチでの設計が適切です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop