基本情報技術者平成16年春期 午前問52

午前問52

テスト手法の一つであるホワイトボックステストの説明として,適切なものはどれか。
  • 下位のモジュールから上位のモジュールへと,順次結合してテストする。
  • 上位のモジュールから下位のモジュールへと,順次結合してテストする。
  • モジュールの内部構造に注目して,テストする。
  • モジュールの内部構造を考慮することなく,仕様書どおりに機能するかどうかをテストする。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

ホワイトボックステストは、プログラムやモジュールの単体テストとして実施されるテスト手法で、内部構造に基づき仕様書どおりに動作するかを検証するために実施されます。内部構造が明らかな状態でテストを行うことからホワイトボックステストと呼ばれています。
このテストではモジュール内部に内存しているバグを取り除くことを目的としているため、内部仕様上の分岐条件などを可能な限り網羅しているテストケースを作成することが重要であり、テストケースの網羅方法としては、命令網羅,判定条件網羅,条件網羅,判定条件/条条件網羅,複数条件網羅などいくつかの方法が存在します。
  • 結合テストの1つであるボトムアップテストです。
  • 結合テストの1つであるトップダウンテストです。
  • 正しい。ホワイトボックステストの説明です。
  • ブラックボックステストの説明です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop