基本情報技術者平成16年春期 午前問51

午前問51

業務システムのコード設計に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
  • コードの実際の付番は,コードの処理方法に詳しいシステム設計担当者が行うべきである。
  • コードの属性とけた数は,コンピュータの内部処理効率に重点を置いて設計すべきである。
  • コードの入力ミスが業務に重大な影響を及ぼすと判断されるときは,検査文字(チェックディジットなど)を採用すべきである。
  • コードの保守方法(追加,廃止,変更など)については,運用テストの段階で決めるべきである。

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » インタフェース設計

正解

解説

  • コードの実際の付番は運用担当者が行います。
  • けた数は今後の増加見込みなどの基づいて決定し、属性はコードから管理対象が連想できるようなものにしたほうがよいです。
  • 正しい。
  • コードの保守方法は設計段階で決めるべきです。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop