基本情報技術者平成16年春期 午前問47

午前問47

XML文書を構成する最小単位である要素の定義方法に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 開始タグと終了タグが対になって構成され,どちらのタグも省略できない。
  • データを開始タグと終了タグで囲んで構成するが,データがないこともある。
  • 一つのXML文書には,階層構造を表すために複数のルート要素を定義できる。
  • 要素の種別を表すために注釈情報を付加して,これを要素名として識別する。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

  • XML文書における空要素の記述は、開始タグと終了タグを合わせた「<○○ />」という空要素タグを使用します。したがって必ずしも開始タグと終了タグが対になっているわけではありません。
  • 正しい。タグに囲まれた要素が存在しない空要素があります。
  • XML文書は、全体が1つの木構造で表現されるので複数のルート要素を記述することはできません。
  • XML文書では、要素名を記述するタグの中に注釈情報(コメント)を記述することはできません。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop