基本情報技術者平成15年春期 午前問44

午前問44

XMLに関する記述として,適切なものはどれか。
  • C++を基本としたオブジェクト指向言語
  • テキスト処理用のインタプリタ言語であり,Webサーバ上で動くCGI(Common Gateway Interface)プログラムの標準言語
  • デスクトップパブリッシングの標準的なページ記述言語
  • データの構造や意味をタグを用いて表現する言語
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17秋期 問24

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

XML(eXtensible Markup Language,拡張可能なマークアップ言語)とは、ユーザが定義したタグや属性を用いて文書構造を記述することのできるマークアップ言語のことです。
HTMLがあらかじめ定義済みのタグを用いてWebページを記述するための言語であるのに対して、XMLはデータ交換するための汎用のデータ形式で、ユーザ独自のタグを用いて記述することが可能です。(タグ名に日本語を使うこともできます。)
  • 代表的なオブジェクト指向言語としては、Javaなどが該当します。
  • Webサーバ上で動くCGI(Common Gateway Interface)プログラムの言語としては、Perlなどが該当します。
  • デスクトップパブリッシング(DTP)のページ記述言語としては、PostScriptなどが該当します。
  • 正しい。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop