基本情報技術者平成14年春期 午前問70

午前問70

データベースサーバを利用したクライアントサーバシステムにおいて,クライアントとサーバ間のSQL文の通信負荷が問題となったときの解決策として,適切なものはどれか。
  • インデックスの見直し
  • ストアドプロシージャ機能の利用
  • データベースの再編成
  • 動的SQLの利用
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21春期 問31

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

ストアドプロシージャは、よく利用される一連のSQL文からなるデータベース処理手続きを、実行可能な状態でデータベース内に格納しておきクライアントからCall文により呼び出す方式です。あらかじめデータベース内にある命令を呼び出すだけなのでSQL文を1つずつ送信する必要がなく、クライアントとサーバ間の通信量を軽減できます。

したがって適切な対策は「イ」になります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop