基本情報技術者平成14年春期 午前問71

午前問71

ある商店が,顧客からネットワークを通じて注文を受けるために,公開かぎ暗号方式を利用して,注文の内容が第三者に分からないようにした。商店,顧客それぞれが利用するかぎの適切な組合せはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問71
  • 基本情報技術者 H18春期 問64
  • 基本情報技術者 H21春期 問40

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

公開鍵暗号方式はデータの送信者が受信者の公開鍵で暗号化し、受信者は秘密鍵で復号します。

暗号化は誰でもできますが、復号できるのは秘密鍵をもつ正規の受信者のみという暗号方式です。鍵の組み合わせが1つでいいので、通信相手の数だけ鍵が必要であり、あらかじめ鍵を安全に送る必要があった共通鍵暗号方式のデメリット改善されています。

この事例では送信者である顧客は「公開かぎ」で暗号化し、受信者である商店は「秘密かぎ」でデータを復号する流れになるので、適切な組合せは「ウ」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop