基本情報技術者平成14年春期 午前問42

午前問42

コマンドインタプリタにおける処理手順として,適切なものはどれか。
  • コマンド解析 → プロンプト出力 → コマンド読込み → コマンド実行
  • コマンド実行 → コマンド解析 → コマンド読込み → プロンプト出力
  • コマンド読込み → コマンド実行 → コマンド解析 → プロンプト出力
  • プロンプト出力 → コマンド読込み → コマンド解析 → コマンド実行

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

コマンドインタプリタとは、利用者がキーボードからコマンドを入力することによってコンピューターを動作させるようなシステムにおいて、入力されたコマンドを1行ずつ解釈して実行するソフトウェアのことです。

Windowsパソコンでは、コマンドプロンプトがコマンドインタプリタです。

以下、Windowsのコマンドプロンプトでの例
  1. コマンドプロンプト起動(cmd.exe)
  2. コマンド入力を促すプロンプト出力(>)
  3. コマンド入力(例として、「dir」と入力)
  4. コマンド読込み
  5. コマンド解析
  6. コマンド実行(カレントディレクトリのファイルとディレクトリの一覧を出力する命令「dir」が実行される
したがって、正しい順序は「エ」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop