基本情報技術者平成14年春期 午前問36

午前問36

ホストコンピュータを2台用意しておき,本番系が故障したときは,本番系と同一のオンライン処理プログラムをあらかじめ起動して待機している予備系のコンピュータに速やかに切り替えて,処理を続行するシステムはどれか。
  • コールドスタンバイシステム
  • デュアルシステム
  • ホットスタンバイシステム
  • マルチプロセッサシステム
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H30春期 問14

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

現用(本番)系と予備系の2系統で構成されるデュプレックスシステムは、予備系の待機状態と、障害発生時のシステム切替えに要する時間から3つに分類できます。
ホットスタンバイ
現用(本番)系と同様のシステムを最初から起動しておく方式。障害発生時には自動的に処理を引き継ぎ、業務を継続する。3つの中では切替えに要する時間が最も短い。
ウォームスタンバイ
コンピュータの電源を入れ OS を立ち上げておくが、業務システムは起動させない状態で待機させておく方式。待機時には主系のデータベースとの同期だけを行い、障害が発生してから待機系のデータベースシステムに切り替えて処理を引き継ぐ。
コールドスタンバイ
待機時には予備系で別の処理を行わせておく方式、または予備系の電源を切った状態で待機させておく方式。障害発生時はシステムを再起動し、業務システムを立ち上げて処理の引継ぎを行う。3つの中では切替えに要する時間が最も長い。
したがって、正解は「ウ」です。
  • 設問中の「あらかじめ起動して待機している」という記述からコールドスタンバイではないことがわかります。
  • デュアルシステムとは、信頼化設計の1つで、同じ処理を2組のコンピュータシステムで行い、その結果を照合機でチェックしながら処理を進行していくシステム構成です。一方の系統に障害が発生した場合でも、それを切り離して処理を中断することなく続けることができます。デュプレックスシステムでは待機系から主系へ切り替えるのに一定の停止時間が生じますが、デュアルシステムでは切り離すだけなので中断時間はデュプレックスシステムよりも短くなります。
  • 正しい。
  • マルチプロセッサシステムとは、複数台のプロセッサを並列に動作させることによって処理能力の向上を図ることを目的としたシステム構成です。それぞれのCPU間で主記憶を共有するかしないかによって密結合型と疎結合型に分類されます。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop