基本情報技術者 平成14年春期 午前問35

午前問35

次のファイル編成法のうち,複数のメンバによって構成され,プログラムライブラリに最適なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

補助記憶装置にデータを記録する方式であるファイル編成には、「順編成」「区分編成」「索引順編成」「直接編成」「仮想記憶編成(VSAM)」の5つの方式があります。
順編成ファイル
順次アクセスを行うためのファイル編成方法で、レコードを先頭から順番に格納する。シーケンシャルファイルともよばれる。
区分編成ファイル
メンバと呼ばれる複数の順編成ファイルを格納したメンバ領域と、メンバの格納位置や名前を保存する登録域から構成され、メンバごとに順次アクセスができるようになっている。
索引順編成ファイル
格納データに対して順次アクセスと直接アクセスの両方のアクセス方式を利用できる編成方式。基本データ域、索引域、あふれ域の3つの領域で管理を行う。
直接編成ファイル
レコードのキー値から格納するアドレスを計算して、レコードをこのアドレスに直接格納する。
仮想記憶編成ファイル
順編成、直接編成、索引順編成を含むファイル編成。
設問中の「複数のメンバによって構成され…」という記述から、区分編成ファイルを示していることがわかります。

したがって、正解は「ア」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop