基本情報技術者 平成14年春期 午前問21

午前問21

数値演算処理を行うサブプログラムAでは,合計100,000命令が実行される。このサブプログラムで実行される演算命令に必要なクロックサイクル数と,各演算命令の構成比率は,表のとおりである。クロック周波数が100MHzのプロセッサでサブプログラムAを実行するために必要な時間は何ミリ秒か。
21.gif/image-size:417×146

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

合計100,000命令が実行されるので、構成比率からそれぞれの命令数は次のとおりです。

浮動小数点加算
 100,000×18%=18,000
浮動小数点乗算
 100,000×10%=10,000
浮動小数点除算
 100,000×5%=5,000
整数演算
 100,000×67%=67,000

次に、各演算命令数に対して必要クロックサイクル数を掛けて、サブプログラムA全体の必要クロックサイクル数を求めます。

浮動小数点加算
 3×18,000=54,000
浮動小数点乗算
 5×10,000=50,000
浮動小数点除算
 20×5,000=100,000
整数演算
 2×67,000=134,000

合計すると338,000クロックサイクル数です。

クロック周波数が100MHzのプロセッサとは、1秒間に100×106 回同期する(クロックサイクル)ということです。

したがって、

 338,000÷(100×106)
=338,000÷100,000,000
=0.00338秒
3.38ミリ秒
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop