基本情報技術者令和元年秋期 午前問51

午前問51

二つのアクティビティが次の関係にあるとき,論理的な依存関係はどれか。

"システム要件定義プロセス"が完了すれば,"システム方式設計プロセス"が開始できる。
  • FF関係(Finish-to-Finish)
  • FS関係(Finish-to-Start)
  • SF関係(Start-to-Finish)
  • SS関係(Start-to-Start)

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトの時間

正解

解説

4つの関係は、それぞれアクティビティ同士の依存関係を表現します。
FF関係(Finish-to-Finish,完了−完了)
「受付が終了したら試験会場への入場を終了する」というように、あるアクティビティの完了が、他方のアクティビティの完了条件になっている関係。
FS関係(Finish-to-Start,完了−開始)
「受付が終了してから試験を開始する」というように、あるアクティビティの完了が、他方のアクティビティの開始条件になっている関係。
SF関係(Start-to-Finish,開始−完了)
「試験が開始されたら受付を終了する」というように、あるアクティビティの開始が、他方のアクティビティの完了条件になっている関係。
SS関係(Start-to-Start,開始−開始)
「受付が開始されたら試験会場への入場を開始する」というように、あるアクティビティの開始が、他方のアクティビティの開始条件になっている関係。
「"システム要件定義プロセス"が完了すれば,"システム方式設計プロセス"が開始できる。」の事例は、システム要件定義プロセスの完了が、システム方式設計プロセスの開始条件となっているため「FS関係(Finish-to-Start)」に該当します。したがって「イ」が正解です。

アローダイアグラムでは、先行作業の完了を待って後続の作業が開始する「FS関係(Finish-to-Start)」しか扱えませんが、アローダイアグラムと同様に作業同士の依存関係をネットワーク図で表すプレシデンスダイアグラム法では、FF、SF、SSの関係も扱えるようになっています。今後の出題が予想されますので確認しておきましょう。
51.gif/image-size:558×267
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop