入出力デバイス (全20問中17問目)

No.17

シリアルATAの特徴として,適切なものはどれか。
  • 1本のケーブルにマスタとスレーブの2台が接続できる。
  • 内蔵ハードディスク専用の規格である。
  • 複数のポートを束ねて用いることによって高速化できる。
  • ポートマルチプライヤを用いてポート数が拡張できる。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

シリアルATA(Serial Advanced Technology Attachment:SATA)は、コンピュータに磁気ディスクやSSD,光学ドライブなどを接続するためのインターフェース規格です。それまでのパラレルATA(IDE)が、1本のケーブルにつき2台の機器が接続できるマスタ・スレーブ接続だったのに対して、シリアルATAでは、1本のケーブルに1つの機器を接続するポイントツーポイントの接続形態を採用しています。
ポートマルチプライヤは、イーサネットのハブと同じようにホストコントローラの1つのポートと複数台(理論上は最大15台)のハードディスクを接続する方法です。
24.gif/image-size:382×154
  • IDE(Integrated Drive Electronics)の特徴です。
  • ハードディスク専用規格ではありません。
  • ポートトランキングの説明です。
  • 正しい。シリアルATAの特徴です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop