HOME»基本情報技術者試験掲示板»午前  平成19年春期  問8標準偏差の計算について

基本情報技術者試験掲示板

掲示板検索:

[3591]午前  平成19年春期  問8標準偏差の計算について

 とらさん(No.1) 
平成19年春期  問8  です。

ある工場で大量に生産されている製品の重量の分布は,平均が5.2kg,標準偏差が0.1kgの正規分布であった。5.0kg未満の製品は,社内検査で不合格とされる。生産された製品の不合格品の割合は約何%か。

この解説が

標準偏差が0.1kgが、標準正規分布表のuの1.0に相当するので、u=0.5の5.15kg未満の製品は全体の30.9%、u=1.0の5.1kg未満の製品は全体の15.9%というように表を見ます。

標準正規分布表の確率変数uを計算するには、

  u=(|割合を求める値−平均|)/標準偏差

標準偏差が0.1kgなので、5.0kg未満の製品の確率変数uは、

  (|5.0−5.2|)/0.1=2.0

表で確率変数uが2.0のときのPは0.023となっているので、5.0kg未満の製品の割合は全体の2.3%とわかります。


とあるのですが、「|割合を求める値−平均|」の両サイドのパイプの意味がよくわかりませんし、ググってもパッとした解説が見当たりませんでした。

今回お伺いしたいのは、
何か他の簡単な解法などありますか?
それとも捨てていい問題ですか?
もしくは、この解説をわかりやすく解説していただきたいです。

よろしくお願いします〜。。。
2021.09.11 23:41
関数従属さん(No.2) 
FE・ゴールドエキスパート
>「|割合を求める値−平均|」の両サイドのパイプの意味

数学記号の絶対値となります。
|-0.2|=0.2
|0.2|=0.2
等となります。

解説については上記に記載の通りかと思います。
2021.09.12 11:15
 とらさん(No.3) 
絶対値なんですね。なかなか調べても出てこなかったので困っていました。

ありがとうございます。
2021.09.12 19:22

返信投稿用フォーム

スパム防止のために初投稿日から30日経過したスレッドへの書き込みは禁止しています。

© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop