基本情報技術者平成31年春期 午前問73

午前問73

シェアリングエコノミーの説明はどれか。
  • ITの活用によって経済全体の生産性が高まり,更にSCMの進展によって需給ギャップが解消されるので,インフレなき成長が持続するという概念である。
  • ITを用いて,再生可能エネルギーや都市基盤の効率的な管理・運営を行い,人々の生活の質を高め,継続的な経済発展を実現するという概念である。
  • 商取引において,実店舗販売とインターネット販売を組み合わせ,それぞれの長所を生かして連携させることによって,全体の売上を拡大する仕組みである。
  • ソーシャルメディアのコミュニティ機能などを活用して,主に個人同士で,個人が保有している遊休資産を共有したり,貸し借りしたりする仕組みである。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

シェアリングエコノミーは、物やサービスを所有するのではなく、インターネット上のプラットフォームを介して個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借り・売買することによって、共有していく経済の動きのことです。貸主は遊休資産の活用による収入が得られ、借主は購入や維持にかかわるコストを削減できる利点があります。
カーシェアやライドシェア、民泊のマッチングサービス、フリマアプリ、クラウドソーシング、クラウドファンディングなどが代表的な存在です。
  • ニューエコノミーの説明です。
  • スマートシティの説明です。
  • クリック&モルタルの説明です。
  • 正しい。シェアリングエコノミーの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop