基本情報技術者平成31年春期 午前問5

午前問5

2分探索木として適切なものはどれか。ここで,1〜9の数字は,各ノード(節)の値を表す。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H17春期 問12

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » データ構造

正解

解説

2分探索木は、2分木の各節にデータをもたせることで探索を行えるようにした木構造です。各節がもつデータは「その節から出る左部分木にあるどのデータよりも大きく、右部分木のどのデータよりも小さい」という条件があり、これを利用して効率的にデータを探索することができるようになっています。

「左部分木の値<ノードの値<右部分木の値」という2分探索木の条件に照らして選択肢の木構造を検証すると、2分探索木として適切な木は「イ」とわかります。
05.gif/image-size:341×280
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop