基本情報技術者平成30年秋期 午前問6

午前問6

クイックソートの処理方法を説明したものはどれか。

  • 既に整列済みのデータ列の正しい位置に,データを追加する操作を繰り返していく方法である。
  • データ中の最小値を求め,次にそれを除いた部分の中から最小値を求める。この操作を繰り返していく方法である。
  • 適当な基準値を選び,それより小さな値のグループと大きな値のグループにデータを分割する。同様にして,グループの中で基準値を選び,それぞれのグループを分割する。この操作を繰り返していく方法である。
  • 隣り合ったデータの比較と入替えを繰り返すことによって,小さな値のデータを次第に端のほうに移していく方法である。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問13
  • 基本情報技術者 H21秋期 問6

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

クイックソートは、n個のデータをある基準値以下の値のグループと基準値以上の値のグループに分割し、更にそれぞれのグループで基準値を選んで二つのグループに分割するという処理を繰り返してデータを整列するアルゴリズムです。

したがって「ウ」が適切な説明です。
  • 基本挿入法の説明です。
  • 基本選択法の説明です。
  • 正しい。クイックソートの説明です。
  • バブルソート(基本交換法)の説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop