基本情報技術者平成29年秋期 午前問76

午前問76

OJTの特徴はどれか。
  • 一般化された知識や技術に重点を置いた教育が受けられる。
  • 上司や先輩が実務に密着して実践的に知識や技術を教育するので,必要な能力が習得できる。
  • 上司や先輩の資質によらず,一定水準の業務知識が身に付けられる。
  • 職場から離れて教育に専念できる。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

OJT(On the Job Training)は、職場内訓練とも呼ばれ、実際の現場で上司や先輩の指導のもとで仕事を体系的・計画的に習得させていく教育方法です。主に原理を知ることではなく業務遂行をできることを目的とした指導を行うときに行われる教育方法です。
実際の現場で行われるOJTに対して、主に業務に当たる上で求められる理論や原理を学ぶことを目的として、職場を離れた場所で行われる人材教育(研修や勉強会)をOff-JTと言います。

選択肢の事例のうち、現場での上司や先輩の指導を通じて知識・技能の習得を図っているのは「イ」だけなので、これがOJTの事例として適切です。
  • OJTでは現場における業務遂行の能力を身に付けされることを目的とします。
  • 正しい。OJTの特徴です。
  • OJTの教育効果は、教育者の指導能力によって大きく左右されます。
  • OJTでは職場内で実際の業務を遂行しながら指導を受けます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop