基本情報技術者平成28年春期 午前問21

午前問21

静的テストツールの機能に分類されるものはどれか。
  • ソースコードを解析して,プログラムの誤りを検出する。
  • テスト対象モジュールに必要なドライバ又はスタブを生成する。
  • テストによって実行した経路から網羅度を算出する。
  • プログラムの特定の経路をテストするためのデータを生成する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H23秋期 問23
  • 基本情報技術者 H26春期 問19

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

プログラミングやテスト工程を支援するツールは、静的,動的および環境を整える環境設定ツールに分類されます。
静的テストツール
構文チェッカ,コードオーディタ,モジュールインターフェイスチェックツールなどのプログラムを実行しない状態でプログラムの検証を行うためのツール。
動的テストツール
インスペクタ,トレーサ,スナップショット,メモリダンプ,カバレージモニタ,アサーションチェッカなどのプログラムを実行しながら検証を行うためのツール。
環境設定ツール
テストベッドツール,テストデータ生成ツールなどのテスト環境を準備するためのツール。
  • 正しい。静的解析ツールである構文チェッカの説明です。
  • テスト環境設定ツールであるテストベッドツールの説明です。
  • 動的解析ツールであるカバレージモニタの説明です。
  • テスト環境設定ツールであるテスト自動生成ツールの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop