基本情報技術者平成28年秋期 午前問46

午前問46

安全性や信頼性を確保するための設計のうち,フールプルーフに該当するものはどれか。
  • 装置が故障したときは,システムが安全に停止するようにして,被害を最小限に抑える。
  • 装置が故障したときは,利用できる機能を制限したり,処理能力を低下させたりしても,システムは稼働させる。
  • 装置が故障しても,システム全体の機能に影響がないように,二重化などの冗長な構成とする。
  • 利用者が誤った操作をしても,システムに異常が起こらないようにする。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H24秋期 問45

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

フールプルーフ(fool proof)は、不特定多数の人が操作するシステムに、入力データのチェックやエラーメッセージの表示などの機能を加えることで、人為的ミスによるシステムの誤動作を防ぐように設計する考え方です。
  • フェールセーフの説明です。
  • フェールソフトの説明です。
  • フォールトトレラントの説明です。
  • 正しい。フールプルーフの説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop