基本情報技術者平成26年春期 午前問56

午前問56

ITサービスマネジメントにおける"既知の誤り(既知のエラー)"の説明はどれか。
  • 根本原因が特定されている又は回避策が存在している問題
  • サービスデスクに問合せがあった新たなインシデント
  • サービスマネジメント計画での矛盾や漏れ
  • 静的検査で検出したプログラムの誤り

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

既知の誤り(Known error)は、根本原因が特定されているか、若しくは回避策(ワークアラウンド)によってサービスの影響を低減又は除去する方法がある問題です。(JIS Q 20000-1より引用)

したがって「ア」が適切です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop