基本情報技術者平成24年春期 午前問24

午前問24

シェルのリダイレクト機能による実現の可否に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 標準出力をファイルに切り替えることはできないが,標準入力をファイルに切り替えることはできる。
  • 標準出力をファイルに追加することはできないが,標準入力と標単出力をファイルに切り替えることはできる。
  • 標準入力と標準出力をファイルに切り替えることができ,標準出力をファイルに追加することもできる。
  • 標準入力をファイルに切り替えることはできないが,標準出力をファイルに切り替えることはできる。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

シェル(shell)は、OSの機能の一部であり、ユーザーからの指示を受けて解釈し、プログラムの起動や制御などを行うプログラムです。OSの中核(カーネル)とユーザの橋渡しを行い、OS内部をユーザから隔てるという役割からシェル(殻)という名称が付けられています。
UNIX環境やWindowsのコマンドプロンプトなどの、シェルプログラムはキーボードからコマンドを入力し、結果をディスプレイに出力するようになっています。(標準入力がキーボード,標準出力がディスプレイ)リダイレクトとは、この標準入力,出力を変更する機能で、キーボードからのコマンドのかわりにファイルを入力元にしたり、出力先をファイルにする、または出力をしないなどの変更が可能です。出力先を切り替える「>」,出力先のファイルに追加する「>>」,入力元を切り替える「<」,複数行の入力を行える「<<」があり、これらを組み合わせることでリダイレクトの指定を行います。
  • 標準出力をファイルに切り替えることは可能です。
  • 標準出力をファイルに追加することも可能です。
  • 正しい。
  • 標準入力をファイルに切り替えることは可能です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop