基本情報技術者平成24年秋期 午前問28

午前問28

新たにデータ項目の命名規約を設ける場合,次の命名規約だけでは回避できない問題はどれか。

〔命名規約〕
  • データ項目名の末尾には必ず"名","コード","数","金額","年月日"などの区分語を付与し,区分語ごとに定めたデータ型にする。
  • データ項目名と意味を登録した辞書を作成し,異音同義語や同音異義語が発生しないようにする。
  • データ項目"受信年月日"のデータ型として,日付型と文字列型が混在する。
  • データ項目"受注金額"の取り得る値の範囲がテーブルによって異なる。
  • データ項目"賞与金額"と同じ意味で"ボーナス金額"というデータ項目がある。
  • データ項目"取引先"が,"取引先コード"か"取引先名"か,判別できない。
  • [出題歴]
  • 応用情報技術者 R4秋期 問26
  • 基本情報技術者 H27春期 問29
  • 基本情報技術者 H30秋期 問27

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

  • 「データ項目の末尾には必ず区分語を付与し,区分ごとに定めたデータ型にする」ので、末尾が"年月日"のデータ型は常に同じになります。よって、回避できる問題です。
  • 正しい。データ型については命名規約に定義されていますが、そのデータ型の値の範囲については定義されていないため、この命名規約では回避できない事象です。
  • 「辞書の作成によって異音同義語や同音異義語が発生しないようにする」ので回避できる問題です。
  • 「データ項目名の末尾には必ず"名","コード","数","金額","年月日"などの区分語を付与する」ので、"取引先"というデータ項目は存在しえません。よって、回避できる問題です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop