基本情報技術者平成23年秋期 午前問12

午前問12

組込みシステムのプログラムを格納するメモリとして,マスクROMを使用するメリットはどれか。
  • 紫外線照射で内容を消去することによって,メモリ部品を再利用することができる。
  • 出荷後のプログラムの不正な書換えを防ぐことができる。
  • 製品の量産後にシリアル番号などの個体識別データを書き込むことができる。
  • 動作中に主記憶が不足した場合,補助記憶として使用することができる。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

マスクROMは、電源を切っても記憶している内容を保持する性質を持つROM(Read Only Memory)の一種で、特に記録されている内容を書き換えることができないメモリのことを指します。集積回路の配線によって記憶情報を構成し、読み出せる内容が半導体製造に用いるフォトマスクによって固定されることから、マスクROMと呼ばれます。

組込みシステムを動作させるためのソフトウェアであるファームウェアには、ハードウェアと密接に結びついていたり、CPU自体の動作を決定するコードを含んでいることがあります。これらの機器に重大な影響を及ぼす可能性のあるデータをむやみに書き換えられないようにするための記憶媒体としてマスクROMが用いられています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop