基本情報技術者平成22年春期 午前問18

午前問18

エンジン制御,ハードディスク制御などの制御系ハードリアルタイムシステムでリアルタイム OS を活用する理由はどれか。
  • ウイルス侵入の防御のためにメモリ保護機構が必要だから。
  • 定められた時間内にイベントに対応した処理を完了させる機構が必要だから。
  • システム全体のスループットを向上させる機構が必要だから。
  • 複数の独立したプログラムを並行して動かす機構が必要だから。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

リアルタイムシステム(Real-time System)とは、使える資源(リソース)に限りがある状態で、ジョブの実行が命令された時、その処理を決められた時刻(デッドライン)までに終了することに着目した制御工学における概念の一つであり、「リアルタイム処理」とも呼ばれています。

決められた時間内に処理が完了できなかったの場合(=デッドラインミス)のシステムに与える影響によって3種類に分類されます。
ハードリアルタイムシステム
システムに課せられたある処理がデッドライン内に終了しなかった時(デッドラインミス)、システム全体にとって致命的ダメージが生じる。
ファームリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こった時、システム全体に致命的なダメージを与えることはないが、その処理自体の価値は即座に0となる。
ソフトリアルタイムシステム
デッドラインミスが起こっても、システム全体に致命的なダメージを与えることはなく、その処理自体の価値も、終了時間などにより徐々に落ちていく。
リアルタイムOS(RTOS)は、。制御系の組込みシステムなどのリアルタイムシステムのために、時間資源の保護及び実行時間の予測可能性の提供に特化したものです。
特にハードリアルタイムシステム(エンジン制御,ハードディスク制御など)においては、デッドラインミスはシステムに致命的な影響を及ぼすため専用化されたOSが活用されるというわけです。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop