基本情報技術者平成22年秋期 午前問77

午前問77

散布図のうち,"負の相関"を示すものはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17春期 問69
  • 基本情報技術者 H15春期 問76
  • 基本情報技術者 H18秋期 問77
  • 基本情報技術者 H24秋期 問77

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

散布図は、縦軸、横軸に2項目の量や大きさ等を対応させ、データを点でプロットしたもので2項目間の分布・相関関係を把握するのに用いられます。
データ群が右上がりに分布する傾向であれば正の相関があり、右下がりに分布する傾向であれば負の相関がある。相関係数が0であれば無相関となります。

相関係数は−1〜1の間の実数値をとり、−1に近ければ負の相関、1に近ければ正の相関があるといいます。0に近いときには2項目間の相関は弱くなります。
ちなみに負の相関といっても正に比べて関連性が弱いわけではありません。正負の方向は相関の強さには関係なく、より相関係数の絶対値の高いものが強い相関性であることを示します。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop