基本情報技術者平成22年秋期 午前問57

午前問57

ニューメリックチェックの説明として,適切なものはどれか。
  • 一定の規則に従ってデータから検査文字を算出し,付加されている検査文字と比較することによって,入力データに誤りがないかどうかをチェックする。
  • 数値として扱う必要のあるデータに,数値として扱えない文字のようなものが含まれていないかどうかをチェックする。
  • 販売数と在庫数と仕入数の関係など,関連のある項目の値に矛盾がないかどうかをチェックする。
  • マスタファイル作成時の入力データ中に,キーの値が同じレコードが複数件含まれていないかどうかをチェックする。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17春期 問40
  • 初級シスアド H20春期 問38

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの設計・移行

正解

解説

ニューメリックチェック(numeric check)とは、入力データが数値かどうかをチェックすることです。

数値で扱うデータの処理時に、文字や記号など数値として処理できない文字種が含まれていると、処理中にエラーを起こしてしまう可能性があります。知らない人が操作をしてもエラーが起きにくいように処理前の段階で数値であることを確認を組込みます。
  • チェックディジットの説明です。
  • 正しい。
  • 論理チェックの説明です。
  • 重複チェックの説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop