基本情報技術者平成22年秋期 午前問37

午前問37

TCP/IPネットワークにおいて,二つのLANセグメントを,ルータを経由して接続する。ルータの各ポート及び各端末のIPアドレスを図のとおりに設定し,サブネットマスクを全ネットワーク共通で255.255.255.128とする。ルータの各ポートのアドレス設定は正しいとした場合,IPアドレスの設定を正しく行っている端末の組合せはどれか。
37.gif/image-size:280×148
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H21春期 問36

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

サブネットとは、物理的にひとつであるネットワーク内を、各機器に割り振るプライベートアドレスを適切に設定することで論理的な複数のネットワークに分割する方法です。

ネットワークでは各機器がどのサブネットワークに属しているかを知る必要があります。この時に使われるのがサブネットマスクで、その実態はプライベートアドレスとAND演算をすることでサブネットワークアドレスを求めるためのビット列です。

ルータに接続している各端末は、ルータのポートと同じサブネットワークアドレスでなければ同一のサブネットとはいえません。

サブネットマスク"255.255.255.128"を2進数で表すと、

11111111 11111111 11111111 10000000(2)

なので、ルータ及び端末のIPアドレスとAND演算することで同じになるかを判別します。下位8ビット…特に25ビット目に着目するとわかりやすいでしょう。

[左側のネットワーク]
ルータのポート 172.16.0.1
=10101100 00010000 00000000 00000001
サブネットマスクとANDをとると、ルータのサブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000000 00000000
となります。

[Aの端末] 172.16.0.10
下位8ビットは 00001010 で25ビット目が 0 なので、サブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000000 00000000

[Bの端末] 172.16.0.130
下位8ビットは 10000010 で25ビット目が 1 なので、サブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000000 10000000

[右側のネットワーク]
ルータのポート 172.16.1.5
=10101100 00010000 00000001 00000101
サブネットマスクとANDをとると、ルータのサブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000001 00000000
となります。

[Cの端末] 172.16.1.140
下位8ビットは 10001100 で25ビット目が 1 なので、サブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000001 10000000

[Dの端末] 172.16.0.20
下位8ビットは 00010100 で25ビット目が 0 なので、サブネットワークアドレスは、
 10101100 00010000 00000001 00000000

したがって、ルータのポートと同じサブネットワークアドレスになっているのは、左側のサブネットでは"A", 右側のサブネットでは"D"ということになります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop