基本情報技術者平成22年秋期 午前問31

午前問31

"商品"表に対してデータの更新処理が正しく実行できるUPDATE文はどれか。ここで,"商品"表は次のCREATE文で定義されている。
31.gif/image-size:463×238
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H19春期 問61

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

UPDATE文は、表中のデータを変更するSQLです。
UPDATE 表名 SET 列名 = 変更値 (WHERE 条件)
SETで変更したい列と変更後の値を指定し、WHERE句では変更したい行を抽出する条件を指定します。

この問題では、表生成のCREATE文が示されていて、「PRIMARY KEY (商品番号)」の部分から主キーは"商品番号"だということがわかります。問題のUPDATE文が主キーの一意性を保つことができるかに着目してみましょう。
  • 商品番号"S002"の行の商品番号を"S001"にすると、商品番号"S001"の行が二つになり主キーの一意性を満たさなくなってしまうので誤りです。
  • 商品名がCの二つの行"S004","S005"の両方が、同じ商品番号"S006"になってしまうと主キーの一意性を満たさなくなってしまうので誤りです。
  • 主キーである商品番号にNULL(空値)をセットすることはできません。
  • 正しい。商品番号"S003"の行は、上から3番目のみで商品名"B"を"D"に変更することが可能です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop