基本情報技術者平成20年春期 午前問62

午前問62

データベースのアクセス効率を低下させないために,定期的に実施する処理はどれか。
  • 再構成
  • 再編成
  • データベースダンプ
  • バックアップ
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15春期 問70
  • 基本情報技術者 H22秋期 問32
  • 基本情報技術者 H26秋期 問29

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

データベースの処理効率は、レコードの追加や削除の繰り返しによるガーベジの増加や、同じレコードが非連続の場所に格納されることによって徐々に低下していきます。このような状態を改善するために定期的に行われるのが再編成で、低下した処理効率を回復させることができます。

ハードディスクにおけるディスクデフラグと同様のイメージで考えるとわかりやすいかもしれません。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop