基本情報技術者平成19年春期 午前問51

午前問51

HDLC手順に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • OSI基本参照モデルのネットワーク層のプロトコルとして用いられる。
  • パリティチェックによる誤り検出を用いて,誤りがある場合は再送要求をする。
  • 非同期型の手順なので,送信するフレームの順序は上位のレイヤで制御する。
  • 文字符号だけでなく,任意のビットパターンも伝送可能である。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

HDLC手順(High-Level Data Link Control)は、OSI基本参照モデルのデータリンク層のプロトコルで高効率・高信頼性を目指した伝送制御手順の一種です。同期制御に任意のビットパターンを連続して送信可能なフラグ同期方式を採用し、パリティでは検出できないバースト誤りも検出可能であるCRC方式を採用しています。
  • HDLC手順はデータリンク層のプロトコルです。
  • ベーシック手順に関する記述です。HDLCでは誤り検出にCRC方式を採用しています。
  • HDLC手順にはフラグ同期方式が使われています。
  • 正しい。HDLC手順では、伝送するデータがキャラクタに限定されず、任意のビットパターンを送信することができます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop